052-938-7813
受付時間:9:00 〜 18:00(土日受付可)
発達障害とは

発達障害は、注意欠如・多動症(ADHD)、自閉症スペクトラム症(ASD)、限局性学習症(SLD)などを含む疾患の総称です。

アメリカ精神医学会の診断基準であるDSM-5では、神経発達障害群に分類され、そこには上記以外の疾患も含まれていますが、大人の発達障害で特に多いのは、注意欠如・多動症(ADHD)と自閉症スペクトラム症(ASD)で、100人中2.5人はADHD、100人中1人はASDの診断基準を満たすとも言われています。

神経発達症群/神経発達障害群の領域イメージ

発達障害の人は、生まれつきの脳機能の凸凹によって、脳内の情報処理や行動の制御に偏りが生じ、日常生活や社会生活の中で生きづらさや困難を抱えがちです。

それらの発達特性は、仕事上での失敗や、上司や先輩からの叱責、人間関係における虐めなどを招きやすく、うつ病やパニック症など、さまざまな二次的な精神疾患を発症させることがあります。

発達障害(一時障害)による凸凹→二次的な問題→二次障害

しかしながら、二次的な精神疾患を発症して治療を受けている人や、発達障害という確定的な診断を受けて支援を受けている人は全体のごくわずかで、発達障害的な特徴を有しているほとんどの人は、誰からも支援されることなく、社会の中でうまくいかなさを抱えながら生活しています。

これまで発達障害は、子どもの頃から診断を受け、教育や福祉の領域で療育などの支援を受ける疾患として考えられていましたが、近年は、社会人になってはじめて診断される大人の発達障害の人が急増しています。

発達障害は生まれつきのものではありますが、学校を卒業するまでは症状が目立たず、就労してストレスを抱えてはじめて、症状が顕在化する事例が増えてきています。

中には、転職や離職をくり返し、仕事が長続きしないのは、自分の性格のせいだと思って自分を責めている人も少なくありません。
あなたのこれまでのうまくいかなさは、もしかしたら発達障害が関係しているかもしれません。

もしかしたら大人の発達障害かも!?と思われる方は、一度、ご相談されることをお勧めいたします。

カウンセリングを予約

初回無料