052-938-7813
受付時間:9:00 〜 18:00(土日受付可)
大人の発達障害とは

あいち就労支援センターは、生きづらさを抱える大人の発達障害(ADHD・自閉症スペクトラム)の方の就労を支援します。

近年、社会に出てから会社の中でストレスを抱え、自分の発達障害傾向に気づく人が少なくありません。

軽度の発達障害傾向をもっている人たちは、自らの特性がまわりの環境とミスマッチを起こすことで生きづらさを抱え、二次的にうつ病を患ったり、仕事を転々として自己肯定感を低下させてしまうことがあります。

あいち就労支援センターでは、公認心理師が専門的な心理検査を用いて、あなたの特性にあった職業診断を行います。

心療内科等の医療機関で行われる心理検査だけでなく、数々の研究によって信頼性や妥当性が認められた検査バッテリーによって、あなたの職業上の適性を描きだします。

  • 精神症状の検査
  • 発達特性の検査
  • 性格特性の検査
  • 職業適性の検査
  • 作業能力の検査
  • その他の心理検査

利用者様のニーズや職業診断によって明らかになった適正を踏まえ、環境と個性とがうまくマッチングするための支援を行います。

軽度な大人の発達障害は、学生時代の間は症状が顕在化しない人も多いため、社会に出るまで見過ごされてしまいがちです。
もしかして…と思う人は以下の項目をチェックしてみましょう。

上記の不注意症状が5つ以上当てはまる人は、ADHDの不注意症状の傾向があるかもしれません。

上記の多動性/衝動性の症状が5つ以上当てはまる人は、ADHDの多動性/衝動性の症状の傾向があるかもしれません。

上記の社会的コミュニケーションやこだわりの症状がある人は、自閉症スペクトラムの傾向があるかもしれません。

これらの症状が生きづらさにつながっているかも!と思われる方は、一度、センターにご相談ください。
お話を伺い、スクリーニング検査をした上で、提携している病院をご紹介いたします。

あいち就労支援センターの職業診断・心理検査は、就労移行支援のサービスの一環として行っております。

各種心理検査は、障害福祉サービスの利用料の中で行っておりますので、検査をご希望される方は、障害福祉サービス受給者証取得後にお申込みください。

障害福祉サービス受給者証は、精神科・心療内科に通院しており、仕事をしておられない人であれば、申請できる可能性があります。
詳しくは、あいち就労支援センターにてご説明させていただきますので、ご予約の上、来所してください。

検査結果は、ご利用者様の同意のもと、企業様や医療機関等に検査所見を提出させていただくことも可能です。
当施設の検査バッテリーの中で、通院されている病院で行っていない検査等ございましたら、ご相談ください。

ご利用の流れ

  1. ご利用の相談は無料です。お電話やHPでご予約の上、来所してください。
  2. ご利用相談&スクリーニングテスト
  3. 就労相談&職業診断検査バッテリー
  4. 適正重視の訓練・仕事探しか、ニーズ重視の訓練・仕事探しか方針を決定する
  5. 適性別・職業別のプログラム・企業実践・模擬作業
  6. 職場見学・職場体験
  7. 履歴書添削・模擬採用面接
  8. 就労後フォローアップ
  9. 6ヵ月経過後、支援が必要な人には、就労定着支援をご案内させていただきます。

カウンセリングを予約

初回無料